探偵

不倫・浮気証拠調査・相談 探偵ランキング

 

 

 

 

 

 

これから探偵業者を使おうと思ったら、まずは先に電話をかけます。

 

 

 

心配なら非表示でかけるのもOKです。

 

 

電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、営業所に行きます。打ち合わせが済んで、信頼できる会社だと思ったら契約し、探偵による調査が開始されます。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。
しかし、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、一定レベル以上のスキルが要求されます。

 

 

 

そういった教育に配慮がないところでは、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともないわけではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。費用対効果があるプロフェッショナルに調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが確実な成果につながるのです。

 

探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気調査です。挙動不審なところがあるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

 

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、明確な証拠を得る必要があるので、仕事慣れした探偵に頼むのが最良の選択だと思います。パートナーの浮気に気づいたら、ぜったい裏付けをとるべきです。

 

 

あきらかな不倫の証拠というと、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を入手することは困難でしょうから、その道のプロである探偵を利用することも検討すべきです。探偵に浮気調査を依頼する場合、根本的にどういった目的があるのかをはっきり伝えることが非常に大事です。
別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかをあきらかにしておかなければなりません。

 

 

依頼の内容次第では調査期間や手法が異なる場合が多いからです。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。

 

 

 

それにはいつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。

 

 

 

嘘を言うときには人はやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。それに、ちょっと聞いただけでまるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。

 

以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。

 

お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。でも、今は違います。
インターネットが普及し、劣悪な業者かどうかも評判を集めるのは可能です。
安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いばかりで品質が伴わないところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。質と価格のバランスが良い業者を見つける手間を惜しまないことが大切です。
行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、ぜったい裏付けをとるべきです。

 

 

 

浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠をゲットするのは相手に発覚するおそれもありますから、探偵を雇うなどのプロのワザも検討すべきです。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったというパターンも多くなりました。

 

 

 

配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックしたり、こそこそ更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えてもおかしくはないでしょう。
SNSに関わる相手の態度というのは、不倫をしているかどうかの判断材料と言えるかもしれませんね。パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、言い逃れはできないです。慰謝料として要求される金額は、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。
支払いがつらければ、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、その配偶者からしたら浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。

 

相手の浮気を裏付ける方法というとすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。
肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。
クラス会やOB会ではなにげに不倫に進展するケースが多いことが知られています。
かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、距離が一気に縮まります。そういった再会を機にいままでと違った行動パターンをとるようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

 

探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと無関心でいてはいけません。
出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

 

浮気に走るきっかけというのは主に、単調な結婚生活が嫌だったということに集約できるようです。また恋愛対象になってみたいという気持ちが浮気へと走らせるようです。

 

 

そんなことにならないよう、二人でいる時間を作り、自分たちが不満に思っていることは何なのかを確認しあうのが大事だと思います。

 

 

 

32歳の主婦です。
6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

 

 

 

しかし先週、家族会議の結果、離婚ということで合意しました。

 

まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てるわけです。簡単なことではないでしょう。

 

夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、安全のために公正証書を作成しました。そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、請求トラブルに発展することがあります。

 

 

 

先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、契約を破棄したいというと、違約金を請求されることもあるのです。

 

こうしたことを避けるために、依頼前によく確認するのは不可欠なのではないでしょうか。
料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、違う業者を当たったほうが良いでしょう。どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。

 

調査相手には行動範囲があるわけですから、地域周辺に限って、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。
さらにクチコミや規模などで選定し、最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみることをお勧めします。現場の人と話をしてみないことには、安心して任せられる業者かも判断しようもないです。

 

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。

 

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが実は結構多いのです。裏切っていることに対してあらためて申し訳ないという気持ちが生じたり、W不倫の現実に辟易するのです。
また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、ここぞとばかりに別れを切り出すきっかけになるのです。
まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないのではないでしょうか。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵調査を頼むのが最もストレスの少ない方法だと思います。

 

 

探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、時には極端に高い料金を請求してきたりする会社もあるようです。
高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、実際はかなりあいまいです。高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったという結末にならないためには、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておきましょう。

 

 

 

探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には悪質でいい加減なところもないわけではないので、評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

 

 

一般的な浮気調査であろうと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。

 

 

 

まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約するようにしましょう。
たちの悪い興信所にあたってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は注意したほうがよいでしょう。

 

帰宅したあとに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。

 

興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、非常に重要な問題だと思います。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、料金面での不安はなくなりました。信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、相手の会社ではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで打ち合わせさせてもらうのも手です。

 

 

 

不当な契約の強要を避けることができます。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、根本的にどういった目的があるのかをあきらかにしておくことが非常に大事です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

 

 

どこに主眼を置くかにより調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫行為の代償というのはおそらく高くつくでしょう。配偶者の出方次第でも変わるでしょう。しかし、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。不倫なんていうものは、露見してしまえば高い賠償を払って今後の生活を送ることになります。

 

 

探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。

 

 

 

全国規模でフランチャイズ展開している会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。

 

規模の大きなところは探偵や内勤職員の育成に時間と費用を充分にかけていて、必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。

 

浮気と不倫。
違いがあるのをご存知ですか。

 

 

 

浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体関係があることを言うのです。こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料の支払いを申し立てることができます。

 

 

興信所に調査を依頼し、パートナーの不倫の証拠を握った上、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させるといった使い方もあります。

 

不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦戦を強いられるでしょう。

 

 

 

不倫行為の存在を法廷が認めてくれない場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを防ぐために、あらかじめきちんと調査しておくべきです。

 

 

 

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。

 

 

それは、その人の倫理観によっても違うでしょう。「私より他の女性を優先した」とか腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいますからね。

 

法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞ということになります。
しかし、どちらにせよ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。探偵の仕事といえば、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

 

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

 

調査していることがバレることはほとんどありませんが、追跡する側はターゲットの行動を先読みして予測しなければいけません。

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、「ごく普通の探偵」の業務です。
名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。

 

 

 

ウェブを利用することで、そこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができます。
居住地の近辺で満足度の高いところを選んで、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、行動範囲、交友や家族関係、仕事先など分かる限りのことを伝えると、調査しやすく費用も抑えられます。

 

 

 

全部が全部、調査員にまかせてしまうと、肝心の証拠を掴むまでに時間も費用もかかってしまいます。そばにいれば気付くことも大いにあるはずですし、よく観察して記録できるところは記録しておくと良いでしょう。
これから探偵業者を使おうと思ったら、さしあたっては電話をかけてみましょう。電話でスタッフと話してみて、さらに話を詰めたいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。

 

 

 

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約になります。ここへ来てやっと調査が始まります。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。

 

しかし、女性だって浮気するじゃありませんか。
女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。

 

 

ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、不倫調査で探偵社を訪れる男性は多くなっているようです。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。あながち嘘ではないでしょう。

 

 

ただ自分がそうしたいからという理由で、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られたらみんな去っていくと怯えてずっと暮らしていくのです。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、いつまた不倫に発展するかと思うと内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。